Uni tren 100

The absence of a complete physical layer specification (mechanical in addition to electrical) freed the CAN bus specification from the constraints and complexity of physical implementation. However it left CAN bus implementations open to interoperability issues due to mechanical incompatibility. In order to improve interoperability, many car-makers have generated specifications describing a set of allowed CAN transceivers in combination with requirements on the parasitic capacitance on the line. The allowed parasitic capacitance includes both capacitors as well as ESD protection (ESD [8] against ISO 7637-3). In addition to parasitic capacitance, 12V and 24V systems do not have the same requirements in terms of line maximum voltage. Indeed, during jump start events light vehicles lines can go up to 24V while truck systems can go as high as 36V. New solutions are coming on the market allowing to use same component for CAN as well as CAN FD (see [9] ).

機器の概要 – 図1参照 プッシュボタン マイクオフボタン 首掛け用コード マイクロホン 充電表示ランプ 充電コネクター ミニプラグ ワイデックスの補聴援助機器UNI-DEXにご満足いただけることを 願っています。 この取扱説明書には、 UNI-DEXの操作方法が記載されてい ます。 お使いになる前に、 この取扱説明書をよくお読みください。 使用目的 本機器は、 音響機器からの音楽を聞いたり、 携帯電話の通話音をワイヤレ ス補聴器に伝送することを目的としたものです。 本機器は、 ヘッドホンとし てもご使用になれます。 付記:本機器は、 最近の一般的な携帯電話で使用される4極ジャック規格 に対応しています。 お使いの携帯電話や音響機器が異なる接続構成を使 用している場合、 本機器を使用できない可能性があります。 アクセサリー – 図2参照...

Uni tren 100

uni tren 100

Media:

uni tren 100uni tren 100uni tren 100uni tren 100uni tren 100